about

氣持ちいいヘンプ生活、始めてみませんか?

こんにちは、hamppu ja minä(ハンプゥ ヤ ミナ)「ヘンプと私」です。

「ヘンプ(おお麻)」は浄化作用が高く、様々な利点を持つ生地だと知ったのは2011年頃でした。
そこで自分用に、ヘンプの下着を探しましたが無く、生地を見つけ自分で作って着用していたところ、「ヘンプの下着が欲しい」という声をあちこちから聞きました。
全草、有用性の高く、元来日本の文化に溶け込んでいたこの麻が、再びこの地で復活することを願い、微力ながらヘンプ製品を製作し、販売するに至りました。
末永くご利用いただけましたら幸いです。


【生地について】

 主に国内織りヘンプ(イタリア糸)を利用しています(一部中国製ヘンプ)。
 日本での自給率はほぼ0%に近いため、一般的な麻(リネン)などに比べ、生地は大変高価なものとなっています。
 また、生地は天然素材であっても様々な処理がしてあるため、必ず縫製前に、生体活性化チップでより活性化したπウォーターとセスキソーダ、超遠赤高濃度ミネラル水を使い、手洗いしています。

【ヘンプについて】

 ヘンプ(指定外繊維)は、日本では縄文時代から利用されている植物“おお麻”です。
 食用、医療用、紙、しめ縄などの神事用、糸、プラスチック、燃料、土壌改良などに利用できます。
 農薬や化学肥料不要で生育が早く、実・茎・根まで丸ごと利用でき、再生可能な循環型社会に貢献できる万能な植物です。

【生体活性化システムを取り入れた環境で製作】

 作業室は、セラミック炭素と蓄熱層を融合させた陰陽遠赤外線蓄熱式床暖房による「陰陽遠赤外線健康エネルギーシステム」でイヤシロ地化しています。
 天然セラミック炭素(セラミックと炭を合わせて粉にした資材)、備長炭、竹炭、原塩などを床下に投入し、セラミック炭素のコンクリートで流し込み、その上に西ドイツ製温水床暖パイプを通し、さらに上にセラミック炭素モルタルを流し、断熱材、自然木フローリングを施しています。
 セラミックから出る遠赤外線によって、マイナスエネルギーや化学物質を分解浄化し、室温や湿度を平均化、調整しています。
 また電気、水、ガスも、生体活性化チップにより活性化しています。
 作業空間がイヤシロ地化していることで、穏やかな波動の高い製品が作られます。

●ご注文について
 ご注文を受けてから製作いたします。
 マスクについては、卸販売もしております。
 お問い合わせ等はContactからお願いいたます。